2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.17 (Thu)

猫のプライド

更新が大変遅く、楽しみに待っている姪っ子達から

「ママちゃんお仕事遅いよ~」と言われそうなので

ちょっくら書いてみます


ただ、悲しい知らせかも・・・



先月から動物病院通いの実家のおばあちゃん猫 ももちゃん

体重 2.1Kgと小さくなった体

それでも大好きな水道(山水)の直飲みをしたり

両親が外にでていると、自分もほっこりと座って秋の空を眺めていました

大好きな父の膝に座り、時々ケージで眠り

これまた大好きなアジの刺身を一切れ食べ・・・



これが、たぶん、最後の食事だったようです






9/11の受診の際の先生と母のやり取りです



Dr,  肝硬変がかなり進んでいます

母  食欲が無いのはそのせいですか?治療方法はありますか?

Dr,  年齢も考えると、積極的な治療をしても、ももちゃんの体に

    負担がかかるだけだと思います。

母   そうですか・・・

    じゃあ  このまま  自然と  ですか・・・

Dr.  元々、猫はプライドの高い生き物なので、飼い主に無様な姿は見せまいとします。

    ももちゃんはおうちと外を自由に行き来する猫さんなので、

    最後の時が来たら、自分で身を隠すかも知れません。

    多くの犬猫を見てきましたが、その子らしく生きることが幸せじゃないかと思います。



先生はいつものようにももちゃんの頭を優しく撫でながら、そう仰ったそうです。



母はそっと宝物を抱えるようにももちゃんをつれて帰り

大好きな庭に下ろしてあげました。

すぐさまお水を飲みに歩いていき、またほっこりと秋の空気を楽しんでいました。


13日のお昼ご飯時には見えた姿が

どんなに探しても、見つからなくなって、5日目です。

たぶん、猫の中の猫だったももちゃんはどこかでひっそりと

息を引き取ったのかもしれません。

さくらが両親の見ている前で息を引き取ったのが、

両親にはとても辛いものだったので、それを知っていたももちゃんは

自分から姿を隠したのでしょう。


もしかしたら猫界の特効薬が効いて、どこかで生きているかも知れません。

でも、私たちの前にはもう姿を見せてくれることは無いと思われます。



母は、「思い残す事はないよ。充分な治療もさせてあげられたし、

     ももらしい最後だったと思うよ。」   と。


ももちゃんを応援下さった皆さん

ありがとうございました

元気になった姿をお見せしようと

途中経過の写真を撮っていましたが出さずにおきます



ももちゃん

肝臓がパンパンに腫れて、人間だったら黄疸が出て

点滴につながれぐったりしている末期の状態でも

私たちに安らぎをくれた事を感謝します


また、どこかで会える日まで

   ありがとう




バナー用画像
にほんブログ村




    
    
スポンサーサイト
12:20  |  ママちゃん  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.09.22(Tue) 15:10 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yakimasyumaro.blog121.fc2.com/tb.php/83-0f8bd854

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。