2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.01 (Mon)

拾った猫のその後

前回の記事で

子猫を拾って実家に持ち込んだわけですが

その後・・・   気になりますよね

   猫好きの皆さんなら・・・   ぷぷ



姪っ子1号、2号が命名して

     ゆずちゃん

      ゆず  になりました





           yuzu.jpg
          (ライオンキングの真似をしてるところです)



父親の枕で頬を寄せ合って眠るそうです

母親の膝に座ると

   「あ!間違った!  あたちはこっちのお膝がすき~~」

と、父親の膝に移るそうで、「私はえさ係よ!」と怒っておりました(笑)


1週間でカリカリの美味しさに目覚めて、よく食べるそうです。

1回目のワクチンも終え、時々散歩にも出かけ

ちっちもウンチもちゃんと決まった場所でする、お利口さんです。



「そんな事、当たり前」と思われたかもしれませんね

娘、マシュマロの情報収集で、ゆずちゃんの元の飼い主と、

捨てた理由がおおよそ見えてきました。



捨てた原因は  ①粗相をする  ②お仏壇に上る  ③言う事を聞かない  らしいです

でも、小さなトレイに少しの砂じゃ ちっち出来なかったのよね?

ご飯にお味噌汁をかけたねこまんまじゃ足りなかったのよね?

実家のお仏壇には上らないし、「ここを通るのよ」と母親が抱きかかえて道案内したら

一発で覚えた、とても賢い子なのに・・・

過去記事  恐怖の姫子? で登場した、
IMG_2747.jpg
   この子らしいんですね・・・




少し遠回りをしたけど

今後ゆずちゃんは実家で幸せな猫生を送れるはずです

ももを亡くした後、気落ちしていた両親に笑顔が増えた事が何よりです 
(獣医さんも喜んでくださったそうです



バナー用画像
にほんブログ村


モバペ|ペット人気ブログランキング


スポンサーサイト
10:11  |  ママちゃん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.22 (Fri)

ママちゃん怒ったの事!!

今朝、長男を高校まで送るついでに

実家に寄った後、琴子の病院に行こうと

琴子のキャリーを持って玄関を出ると

子猫の鳴き声がする


はて
  

琴子は静かだし… 

と、聞き耳を立てる。


どうやらゴミステーション辺りらしいな 近所の猫が出られなくなったのかな?

と、仕切り板をよけると


長年使った風情のキャリーに子猫が入ってる!!



なぁんだとぉぉぉぉぉぉ

と怒りながら、ろくすぽ中を確認もせず車に乗せました


車中で長男が「食器が2個入ってるよ。下痢便してるけど、可愛い顔してる

と、嬉しそう


いやいやうちでは飼えません

良く喰らう人の子が4人も居て、これまた良く食う猫が3匹も居るのに…




   そうよ!「実家に猫を送り込もう作戦」の一員としては是が非でも実家に連れて行かねば!

         と…  


「お父さ~ん

   捨て猫連れてきた~」

                「また! お前は小さい頃からいっつも…!!」

                「粗相したら捨てるぞ!」  と言いながら笑顔の父親

     よしよし




うんちまみれの体を洗い、琴子と一緒に病院へ行き

ガリガリに痩せているけど生後3ヶ月の女の子で、健康状態は良好との事。

えさを食べ過ぎて下痢してるようだと先生。

(多分、キャリーの中に入れてくれてたんでしょうね)

ワクチンは家に慣れてからとの指示でした。

名前は姪っ子1号、2号がつけると思うので

病院では「(仮)姫2号」と登録しました

(姫の小さい頃に良く似てます)


母親の膝の上でゴロゴロ言ってるので慣れるのも早いと思います。





が!

我が家は道路から奥まった場所にあるので車で来て捨てた訳じゃなさそうです。

しかも、昨夜9時頃通った時には何もなかったので

朝早く捨てた模様です



捨てた人にも、何か理由があったのかも知れないけど

子供達の通学路にもなっている道沿いで

命の尊さを伝えるべき大人が、こんな事しちゃあ、だめでしょ!

と、怒り心頭の私です。



ただ…  もう一匹  怒りで理性を忘れているお嬢さんが…

   琴子嬢です

私に子猫のにおいが付いているのか家に帰っても興奮収まらず

心配するリリにけんかを売りまくっています

怒りスイッチが早くオフになる事を祈って





実家で保護した姫を私が飼い

私が保護した猫を実家で飼う

     ん~~~縁(えにし)ですね~



可愛い写真はカメラが直ってからね


あ、父親に

実は私、「子猫のSOS鳴き探知機能」を搭載してるので

また連れてくるかも…って言い忘れたけど

     ま、いいか



バナー用画像
にほんブログ村


モバペ|ペット人気ブログランキング


字ばかりの記事にお付き合い下さってありがとう
14:55  |  ママちゃん  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.03 (Sat)

うへへ♪(笑)

PCに今まで使ってた写真を処理するソフトが見つかりません!

長男は

「これでいいじゃん」

と言うけど、使いにくい・・・


しばらく写真なしです

     ちっ!



実は




可愛い



子が増えました!!





三毛猫の琴子ちゃん 生後2.5ヶ月の

むちゃ可愛い女の子です

島の瀬の譲都会で一目ぼれをしました~


今日まで内緒にしてて子供たちをびっくりさせました!!


期待通り

「え~!?  何?  うちの子になるの?」

と、大騒ぎ


サプライズが大好きな私なので

成功して ああよかった


可愛い写真はまた今度、楽しみにしてね




バナー用画像
にほんブログ村
22:16  |  ママちゃん  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.22 (Tue)

写真が・・・

可愛いリリと姫の写真をいっぱい撮りたいのに

なぜか私の一眼レフがカスタマイズされていて

器械音痴の私には扱えない仕様に・・・

我が家では一番の権力者のはずなのに

こういう事ではいつも虐げられている気がする



さて、愚痴はいいとして・・・





秋の足音が朝夕に聞こえる今日この頃ですが

甘えん坊のリリちゃんは私が寝る気配を察しては、

大の字になった私の足の間に入ります。
(寝相はいいんですよ、リリの為に「大の字」ですから^^)

おもむろに両手両足で、私の大きな足をもっと広げて

自分の寝場所を確保するんです。

途中、寝返りをして両足を揃えると

リリちゃんまでついてきます



姫ちゃんは長男大好きさんなので

お兄ちゃんのベッドで日がな一日寝そべっています。

時折思い出したように虫を追っかけますが

かなり敏捷性にかけるな~



お客様大好きな姫は、誰にでも抱っこされて

可愛いお顔を披露できるけど

びびりで小心者のリリは

・・・どこかに隠れて、出てきません・・・



この子達を見ていると

「化け猫になっても、猫又になってもいいから、長生きしておくれよ」

と、切に思います。

せっかく縁のあった2匹ですもの

一緒に幸せしたいです~



先日、近所の白猫君と久々に会ったら

ふっくらとして、健康状態もよくなっていました。

やっぱり家族から愛情をもらうのが一番ですね





人間の命も動物の命も

大切に育める世の中でありますように



動物愛護週間に思ったママちゃんでした



バナー用画像
にほんブログ村



12:08  |  ママちゃん  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.17 (Thu)

猫のプライド

更新が大変遅く、楽しみに待っている姪っ子達から

「ママちゃんお仕事遅いよ~」と言われそうなので

ちょっくら書いてみます


ただ、悲しい知らせかも・・・



先月から動物病院通いの実家のおばあちゃん猫 ももちゃん

体重 2.1Kgと小さくなった体

それでも大好きな水道(山水)の直飲みをしたり

両親が外にでていると、自分もほっこりと座って秋の空を眺めていました

大好きな父の膝に座り、時々ケージで眠り

これまた大好きなアジの刺身を一切れ食べ・・・



これが、たぶん、最後の食事だったようです






9/11の受診の際の先生と母のやり取りです



Dr,  肝硬変がかなり進んでいます

母  食欲が無いのはそのせいですか?治療方法はありますか?

Dr,  年齢も考えると、積極的な治療をしても、ももちゃんの体に

    負担がかかるだけだと思います。

母   そうですか・・・

    じゃあ  このまま  自然と  ですか・・・

Dr.  元々、猫はプライドの高い生き物なので、飼い主に無様な姿は見せまいとします。

    ももちゃんはおうちと外を自由に行き来する猫さんなので、

    最後の時が来たら、自分で身を隠すかも知れません。

    多くの犬猫を見てきましたが、その子らしく生きることが幸せじゃないかと思います。



先生はいつものようにももちゃんの頭を優しく撫でながら、そう仰ったそうです。



母はそっと宝物を抱えるようにももちゃんをつれて帰り

大好きな庭に下ろしてあげました。

すぐさまお水を飲みに歩いていき、またほっこりと秋の空気を楽しんでいました。


13日のお昼ご飯時には見えた姿が

どんなに探しても、見つからなくなって、5日目です。

たぶん、猫の中の猫だったももちゃんはどこかでひっそりと

息を引き取ったのかもしれません。

さくらが両親の見ている前で息を引き取ったのが、

両親にはとても辛いものだったので、それを知っていたももちゃんは

自分から姿を隠したのでしょう。


もしかしたら猫界の特効薬が効いて、どこかで生きているかも知れません。

でも、私たちの前にはもう姿を見せてくれることは無いと思われます。



母は、「思い残す事はないよ。充分な治療もさせてあげられたし、

     ももらしい最後だったと思うよ。」   と。


ももちゃんを応援下さった皆さん

ありがとうございました

元気になった姿をお見せしようと

途中経過の写真を撮っていましたが出さずにおきます



ももちゃん

肝臓がパンパンに腫れて、人間だったら黄疸が出て

点滴につながれぐったりしている末期の状態でも

私たちに安らぎをくれた事を感謝します


また、どこかで会える日まで

   ありがとう




バナー用画像
にほんブログ村




    
    
12:20  |  ママちゃん  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。